動脈硬化の対策サプリはDHA・EPA配合がおすすめ☆

動脈硬化の対策サプリはDHA・EPA配合が必須です。

動脈硬化をサプリで対策する

 

動脈硬化は自覚症状がないため、早期発見が難しいところが厄介です。そこから、「沈黙の殺人者」と呼ばれているくらいです。

 

病院での定期的な検査や生活習慣の改善がとても重要で、個人差はありますが、10代前半から徐々に動脈硬化が始まり、45歳を過ぎた頃に発症する傾向があります。放置してしまいがちですが、早めに対策していれば一生発症せずに過ごせます。

 

まずは食生活の見直し、適度な運動を心掛け、更にサプリメントを摂取するのがおすすめの対策です。

 

以下では血液をサラサラにする効果の強いDHA・EPAやクリルオイル、ナットウキナーゼなどの成分を配合したサプリをランキングで紹介していますので、ご参考くださいね。

 

動脈硬化の対策サプリメント【おすすめランキング】

きなりで動脈硬化対策を!

きなり(さくらの森)の特徴

脅威のリピーター率92%! ナットウキナーゼにより血栓溶解作用、血液がサラサラになる効果が期待できます。同様の効果が期待できるDHAもふんだんに含まれています。きなりなら、1日の摂取量4粒で、なんと500mgものDHAとEPAを摂取できてしまうのです。ビタミンEに関しては、その1000倍の効果があると言われているアスタキサンチンを含んでいるので、1日の摂取量の200%も摂取できてしまいます。 ランキングの中で唯一返金保証がある、自信を持ってオススメできるサプリメントです。

価格 定期コース初回 1980円
評価 評価5
備考 1日66円!DHA・EPA・ナットウキナーゼ・クリルオイルのサラサラパワー☆

みやびオメガプラスで動脈硬化対策を!

DHA&EPAオメガプラス(みやび)の特徴

DHAは364.5mg、EPAは127.5mg摂取できます。美容や健康効果の高い成分が多く含まれている亜麻仁油、DHAとEPAの酸化を防ぐアスタキサンチン、吸収を助けるクリルオイルをたっぷり含んでいます。 1日の摂取量の目安が4〜6粒となっていますが、先述の2品と同等に比較するには6粒です。飲むのがちょっと大変かもしれません。 定期購入のコースが豊富なので、自分に合ったコースを選べるところがステキです。今なら特典でカードホルダーとピルケースがもらえます。

価格 定期コース初回 1666円
評価 評価4
備考 DHA・EPA・亜麻仁油・クリルオイル配合!

美健知箋で動脈硬化対策を!

美健知箋 (佐藤製薬)の特徴

極小サイズのサプリメント5粒で1包に小分けされていて、とても飲みやすくできています。1包に、DHAが550mg 、EPAが200mgも含まれています。他のサプリメントを圧倒する含有量です。 DHAもEPAも酸化が弱点なのですが、ビタミンEを配合している上、個包装を採用しているので、飲む直前まで酸化を防ぐことができます。 「飲みやすく、続けやすい。それが製薬会社品質」と謳っているだけあって、かなりの高品質ですが、その分ちょっとお値段もお高めです。ゾウのマスコット、サトちゃんでおなじみ佐藤製薬が開発したサプリメントです。

価格 定期コース初回 1000円
評価 評価3
備考 初回1000円で始めやすい☆ 継続購入の縛りなし☆

ナットウキナーゼ&DHA&EPAセットで動脈硬化対策を!

ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット(小林製薬)の特徴

血液をサラサラにする効果が高いナットウキナーゼを2000FUも摂取できます。日本ナットウキナーゼ協会が推奨する摂取量が2000FUですので、1粒で1日分摂取できてしまいます! 独自の製法により、納豆独特のニオイと、動脈硬化が気になる人にとって不要なビタミンK2を除去しているので、飲みやすく安心です。さすがは誰もがご存知の小林製薬です。 有効成分であるケセルチンを通常のたまねぎの1.5〜3倍も含まれている、「さらさらレッド」という北海道栗山町でのみ栽培されているたまねぎを配合しています。たまねぎ、納豆と普段から摂取しているものの成分を利用しているので、安心感の高いサプリメントです。

価格 1袋のみ 1134円
評価 評価3
備考 定期コースではなく1回購入でお試ししやすい☆

DHA&EPA+N-アセチルグルコサミンで動脈硬化対策を!

DHA&EPA+N-アセチルグルコサミン(UMIウェルネス)の特徴

うるおいを保持して動きをなめらかにするためのサポートをする成分「N-アセチルグルコサミン」を、1粒に1000mg配合しています。N-アセチルグルコサミンは自然界や身体にある物質と同じ天然型なので、通常のグルコサミンの3倍の体内吸収率を誇ります。加齢とともに減少してしまうヒアルロン酸の素であり、補うことでアクティブに活動できるようになります。 水なしで摂取できるタブレットタイプで、ラムネのように噛んで召し上がれます。ほんのりとした甘味があり味もおいしく飽きません。定期コース希望率98%という数字がそれを物語っています。

価格 定期コース初回 1886円
評価 評価3
備考 N-アセチルグルコサミン1000mg配合!

 

動脈は年齢を重ねるごとに劣化していきます。こうしている今にも少しずつ劣化しています。1日でも早く対策し、健康でアクティブに楽しい人生を送りましょう。それが、あなたのためだけでなく、お子さんやお孫さんのためにもなるのです。

 

 

トップページへ戻る

動脈硬化の予防にオメガ3が有効な理由

 

動脈硬化とは?

動脈硬化は誰にでもおきる可能性のある症状です。動脈硬化とは、人間の毛細血管に血液を送り込む動脈が詰まってしまい、血液が充分に流れなくなってしまっている状態のことを指します。動脈硬化を発症させてしまうと、心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わる重要な疾患に繋がります。

 

オメガ3とは?

動脈硬化を予防するのに有効といわれているのが、オメガ3という脂肪酸です。オメガ3はDHAやEPAといった青魚に多く含まれる脂肪酸を多く含んでいます。DHA・EPAは、血液をさらさらにする効果があり、動脈硬化を未然に防いでくれます。また、オメガ3にはアンチエイジングにも効果が認められています。

 

オメガ3とアンチエイジング

オメガ3は動脈硬化を未然に防ぐ効果がありますが、これは血管を若返らせる効果があるという意味でもあります。年齢を重ねるにつれ、血管は固くなっていきます。血管が固くなればなるほど、血液の流れは鈍くなります。血液の流れが鈍くなれば、血管は詰まりやすくなります。そうすれば動脈硬化のリスクは高まります。動脈硬化のリスクを減らすために、オメガ3の摂取をおこない、血管を若返らせることによって、動脈硬化のリスクを未然に防ぎます。

 

 

-

緑内障にも効果的なDHA・EPA!

DHAについて

DHAは自身の体内では合成出来ないと言われている多価不飽和脂肪酸の一つで青魚に多く含まれる必須脂肪酸です。
中高年になると高コレステロールや高中性脂肪が増加し易くなり、動脈硬化が進み血中の糖質が多すぎる等、血管も血液の成分の状態も良好ではない状態になる人が多くなります。
このような血管や血液の良好でない状態を改善、予防するのがオメガ3脂肪酸と呼ばれる不飽和脂肪酸です。

 

青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸は血中の余分な悪玉コレストロール、中性脂肪を減らしたり、善玉コレストロールを増やしたり、血小板が疑集するのを抑えたり、血栓が出来にくしたり血液の血流を良くし目の毛細血管を活性化する働きがあります。
DHAは目の健康に最も良い栄養素の一つである事は周知の事ですね。
網膜細胞の80%以上はDHAから作られているので摂取する事で網膜細胞が活性化されます。
DHAが減ると網膜の神経細胞の膜が固くなり、対象物を見る力が減衰します。

 

DHAと網膜細胞の関係は様々な実験から、白内障や緑内障の患者にDHAを投与したところ60%以上の患者の視力が改善された例もあります。
又、DHA働きは脳や網膜に多く取り入れられ認知症やガンの抑制にも効果があるとされています。

 

 

EPAについて

EPAもオメガ3と呼ばれる必須脂肪酸の一つで、善玉コレストロールを増やし、血栓の予防と血液の流れを良くし、動脈硬化、心筋梗塞を予防します。
血液の流れを良くする事で、体内で血管が最も細い目の網膜の健康を保つとされています。
EPAはコレストロールや中性脂肪を減少させると同時に善玉コレストロールを増やす効果が期待できます。
又、EPAは医学的にも抗血栓作用がある事が立証されており、赤血球を柔らにする作用があるので血流が改善されます。

 

 

緑内障と予防について

緑内障は眼圧が上昇する事によって眼球の奥にある視神経を圧迫する事により目の障害が発生し、原因不明とも言われているが、眼圧が上がる原因は眼球内にある房水が蓄積される場合が多く、それにより視神経に支障が生じ放置していると失明する可能性があります。

 

緑内障は自覚症状が余り感じられない事から、いつのまにか進行する事が多く歳を取ると更にその傾向がみられるので定期的な健診をした方が良いですね。

 

健診すると共に、緑内障にならないように予防措置をする事も日頃から心がけ、肉食が多くなっている昨今は意識的に、オメガ3と呼ばれている必須脂肪酸DHAやEPA成分の多い青魚を食べる事も必要な事かもしれませんね。
緑内障にならない為の措置は、先ずは眼圧を上昇しないようにする為に、眼球内に房水が貯まらないように働きかける血流改善が必要となります。
血流が改善されると眼内の水分が除去されやすくなり、延いては眼圧の低下に繋がります。

 

緑内障を予防措置としては、生体構成要素である必須脂肪酸、DHA,EPAを日頃から摂取する事により眼細胞脂質組成が良くなり、目の機能が改善されていく事が期待できます。

 

DHA,EPAが多く含まれている食品は、青魚と言われています、例えば、トロ、サバ、ブリ、イワシ、サンマ、等、えごま油、亜麻仁油、牛乳、ヨーグルト等があります。
必須脂肪酸は食事で日常的に摂取は難しいと思われる方は、DHAやEPAのサプリメント摂取で補う事も、一つの方法ですね。

 

 

 

DHA・EPAは老化やアンチエイジングへの効果も期待できる栄養素!!

DHAはオメガ3脂肪酸と呼ばれる不飽和脂肪酸で、人体に必要である重要な栄養素の一つです。
DHAを摂取する事による効果は様々な事象に現れます。
動脈硬化の予防、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、うつ病、視力の低下等の予防と改善効果がみられます。
最近では<認知症の予防>にも効果がある事が実証されております。
DHAは血液の流れをサラサラにして良くして目の網膜や脳の働きを活性化する等の効果があり、DHAが十分にあれば脳は活発に動き記憶能力等も増加いたします。

 

DHAが充分にないと人間は歳を取るにつれてDHAは減少して脳の活力が失われて老人性痴呆症、(ボケ)になる恐れがあります。
又、脳の血管障害による痴呆症もDHAやEPAが不足して血流が悪くなり血栓が出来やすくなり起るのです。
このようにDHAの不足による障害は、社会生活そのものを危うくします。

 

 

EPAを摂取する事による障害に対する効果も様々な事象に現れます。

★血管年齢の老化が進むと動脈硬化を引き起こす可能性が高まり心筋梗塞や脳梗塞が発生するリスクが生じますが、EPAは赤血球の膜を柔らに且つ血管を柔軟にする作用があるので血流が良くなり病気のリスクが減少します。

 

★中性脂肪値の低下効果がある。
余った栄養分は血液で肝臓に運ばれて中性脂肪が作られますがDHAやEPAのオメガ3が、中性脂肪の剛性を抑える働きをするのと同時にオメガ3は血管にも作用し血流を良くして血液中の中性脂肪値を下げる効果があります。

 

★EPAには抗炎症、抗アレルギーや精神安定、眼精疲労の抑制、肌の潤い等にも効果があります。

 

 

 

老化との関係

老化防止(アンチエイジング)=血管年齢の柔軟性と言ってもいいですね。
血管年齢が、自分の年齢より大幅に高い人は血管が硬く柔軟性がなく、高血圧になるので心臓に負担が掛かり、心肥大や心不全のリスクが生じます。
血管が硬く柔軟性を欠くと血管が狭くなったり、詰まったり、脆くなるので脳卒中や心筋梗塞になるリスクが高まります。

 

血管年齢は実年齢と違い、日常的な不節制など様々なリスク要因を取り除き食生活の改善をすれば血管年齢は若返る事は可能です。
血管年齢の若返りには、日常の食生活に青魚などDHAやEPAなどオメガ3を多く含む食品を取り入れて血圧を下げ、血中脂質を整える事が血管の老化防止になり血管年齢の若返りを促します。

 

血管年齢が若くなると言う事はアンチエイジングですね、血管が活性化されれば、それは即、女性の美容効果にもつながります。
それはDHAやEPAは血管を活性化しますから動脈硬化を柔らげ、中性脂肪などを減らす効果がありますから、便秘の解消や不純物の排出によって肌の活性化となり老化を遅滞させることになります。
アンチエイジングは、簡単な対処療法ではなく、日常的な食物管理をDHAやEPAを含む食品を摂取する事が重要ですね。
又、人間は歳を取るにつれ、肉体的に余分なものが付き、結果太る事になりますが、EPAを摂取すると、褐色脂肪細胞が増加して、太りにくくなるそうです。

 

青魚などの食品を毎日食べ続ける事は昨今の食品事情から、なかなか難しい面もありますので、DHAやEPAを主にしたサプリメントを摂取するのも健全な体、健全な血管年齢を得る為に良い方法ですね。

 

 

 

DHA・EPAを多く含む食品

まぐろ、アジ、サバ、イワシ、ブリなどの青魚にはDHAやEPAが含まれている事は周知の事実ですが、魚は毎日食べられないし、嫌いだと言う方もいると思いますが、オメガ3にはDHAやEPA以外にαリノレン酸があります、DHAやEPAに比べれば多少効能効果は落ちるようですが、えごま、亜麻油、クルミ、チアシードなども中性脂肪などを低下させる効果があると言われています。
昨今食料事情により、青魚などを日常的に食べる事は難しくなっているので、
最近の健康志向もあり、DHAやEPAに特化したサプリメントもあるようなので、このようなサプリメントを毎日摂取するのも老化防止には役立つのではないでしょうか!

 

 

 

トップページへ戻る